教育方針

教育目標

1.進んで考え、正しく行動できる人

課題解決に向けて創意工夫して取り組む姿勢を育成し、国際社会で生きるために必要な社会規律を身につけさせる。

2.勤勉で、責任を重んじる人

社会に貢献しようとする態度を育てるために、規範意識、正義感、社会における基本的なルールを身につけさせる。

3.心身ともに健康で、思いやりのある人

生涯を通して心身ともに健康で安全な生活を送るために体力の向上に努める。
また、自他の生命を尊重する気持ち、思いやりの気持ちを育てるために、積極的に社会体験、自然体験活動を行う。

教育目標を達成するための基本方針

(1)進んで考え、正しく行動できる人
  ①こうとう学びスタンダードを確実に実行し、基礎・基本の定着を図る。
  ②教科等で課題解決学習を取り入れ、思考力、判断力を高める。
  ③自ら課題を設定し、解決策を考え、実行できる力を育成する。
(2)勤勉で、責任を重んじる人
  ①「This is 深川二中」を推進し、生徒に自信と責任をもたせる。
  ②規範意識、正義感、社会における基本的なルールを身につけさせる。
  ③ボランティア活動等をとおして、地域に貢献する態度を育む。
(3)健康で、思いやりのある人
  ①「早寝、早起き、朝ごはん」の励行を推進する。
  ②道徳授業を核として、心の教育を推進する。
  ③オリンピック・パラリンピック教育をとおして、心身ともに健康に過ごす態度を育む。

特色ある教育活動

① 深川という場所をふまえ、地域の人材や施設を生かした行事(百人一首、文化講演会、地域の伝統、風習の講話、俳句教室)を行う。    

② 合唱活動を通して学級、学年、異学年集団のつながりを深め、お互いを高め合うために合唱コンクールを行う。

③ 心の教育を大切にし「命の教育」や「ボランティア精神」をふまえた活動(カウンセラー講話 など)を行うとともに、個に応じた面談などを通して個々の学力の向上と個性の伸長を図る。

④ 環境学習の一環として、意欲的な校内の清掃活動や、環境学習(エコプロダクツの見学等)を行う。

⑤ 年間3回(計16日間)の学校公開日を設け、生徒の学校内での生活を保護者・地域に公開し、地域に密着した学校づくりを行う。