災害共済給付を受ける手続き

日本スポーツ振興センター「災害共済給付制度」とは

学校の管理下(各教科や学校行事などの授業中、部活動などの課外指導中、休憩時間中などのほか、通学中を含む)で起こった災害(負傷・疾病・障害 等)に対して、給付金を受けることができます。

 

手続きについて

1.申請の方法

・学校の管理下でケガをして医療機関で受診した時は、担任や部活動の顧問に申し出て下さい。
・申請に必要な書類をお渡しします。(このページ下部リンクよりダウンロードも出来ます)
・受診した医療機関で記入してもらい学校に提出して下さい。
・その他、調剤や治療装具の申請書類もございますので、詳しくは保健室までお問い合わせ下さい。

 

※ 治療用装具(コルセット等)を購入した場合は、領収書の写し(コピー)が必要です。
※「医療等の状況」の用紙は、1ヶ月毎に1カ所の医療機関で1枚必要です。

2.給付の対象となる主な条件

学校の管理下で起こった災害(負傷・疾病・障害 等)であること

医療費の総額が5,000円以上(窓口の支払いが1,500円以上)の場合

※ 災害発生より2年経過した場合、時効となり申請できませんのでご注意くださし。

3.給付の対象となる学校管理下の範囲

学校が編成した教育課程に基づく授業を受けている場合
   例)各教科、特別活動中(学級活動、クラブ活動、運動会、遠足、修学旅行 等)

学校の教育計画に基づく課外指導を受けている場合
   例)部活動、移動教室、夏休みの補充水泳 等

休憩時間、その他校長の指示・承認に基づき学校にある場合
   例)始業前、授業間の休み、昼休み、放課後

通常の経路及び方法により通学する場合
   例)登校中、下校中

3.病院等の受診の祭の注意点

治療を受ける場合は、必ず保険証を持参して下さい。(柔道整復師にかかる場合も同じです。)

学校管理下で発生した生徒の負傷・疾病については、原則「 医療証」「 医療証」は使用せず受診をお願いします。「 医療証」「 医療証」を使用した場合は、「医療等の状況」「調剤明細証明書」にその旨を必ず記載して下さい。

4.給付について

給付金が区教育委員会から振り込まれましたら、学校よりお知らせします。
振り込み手数料は区が負担し、保護者の方より指定いただいた口座に振り込まれます。

書類提出後、給付金が支給されるまでに3~4ヶ月かかります。

申請に必要な用紙

申請に必要な用紙(下記、参照)は保健室に用意がありますが、
こちらからダウンロードもできますので、ご活用ください。

病院の場合

医療等の状況・別紙3(1)ダウンロード

医療機関に傷病名、医療費等について証明していただくものです

接骨院の場合

医療等の状況・別紙3(3)ダウンロード

柔道整復師の施術料について柔道整復師に証明していただくものです

院外処方の場合

調剤報酬明細書・ダウンロード

医師の処方箋に基づき,薬局から調剤をうけた場合に薬剤師に証明していただくもので

装具購入・生血使用の場合

治療用装具・生血明細書ダウンロード

治療の必要上、関節用装具、コルセット、サポーター等の治療用装具を要した場合に、医師に証明いただくものです