保健室

学校給食におけるアレルギー対応について

食物アレルギー児童・生徒保護者から要望のあった場合、除去食を基本に対応いたします。

決定基準

1.医師の診察、検査により、明確に食物アレルギーと診断されている。

2.アレルゲンが明確であり、医師から食事療法を指示されている。

3.家庭でも食事療法を行っている。また、連携が取れている。

対応決定までの流れ

1.学校へ対応を申し出て、学校生活管理指導表を提出してください。

2.学校生活管理指導表に基づき、学校としての取り組みを検討し、「取り組み内容(案)」を作成します。

3.関係職員(校長・担任・養護教諭・栄養教諭/栄養職員)が「取り組み内容(案)」について、保護者と面談、協議し、上記2.「決定基準」に基づき対応を決定します。学校長が最終決定いたします。

4.除去食で対応が難しい場合、また、栄養面、量で不足する場合は、家庭で補って下さい。

対応にあたっての注意事項・留意点

《献立・調理・配膳について》

1.給食の食物アレルギー対応の基本は、原因食材の除去です。

2.事前に献立表等で材料の確認をし、配慮の必要な点について報告してください。

3.弁当を持参する(献立の一部持参含む)場合は、事前に学校へ申し出て下さい。

4.除去食を基本として対応するため、代替等の食材は預かりません。

5.牛乳の代替えの飲み物、主食の代替えのパン、麺類、ごはん等は、そのままで食べられるように調理し、持参してください。(事前に栄養教諭/栄養職員へ伝えておいてください。)

6.除去食のおかわりは、安全に対応するため用意していません。また、除去食以外の献立もしゃもじやトングを共有していることも考えられるため原則できません。

 

《学校では》

1.クラス担任と連絡を密にしてください。

2.栄養教諭/栄養職員からクラス担任へ、除去食の対応内容を書面で伝えます。<p>

3.他の児童・生徒に、体質が違うことで食べられない食材があること等を伝えることがあります。

4.配膳された給食の疑問については、児童・生徒だけで判断せず、必ずクラス担任に確認するよう、家庭でもお子さんに話しておいてください。

5.給食後、体調の異常を感じた場合は、速やかに近くにいる教職員、緊急の場合は近くの友人に声をかけるよう、家庭でもお子さんに話しておいてください。