地震時対応マニュアル

先の東日本大震災の経験から校内での震災発生時(おおむね震度5強以上)
公共交通機関が運行不能となった場合を想定して、生徒の安全確保最優先の視点から
下記のように対応することになりました

1.生徒は、学校待機とする。

先の地震発生時校舎の耐震能力は十分である。
との考えから、今までの地域への集団下校より安全であると判断しました。

2.保護者引き取りとする。

自宅の安全が確認された保護者。または、緊急災害時生徒引き取りカードに引き取り者として登録記載されている方に引き取りに来校していただきます。来校された方が名簿記載されていないと引き渡しはできません。

3.生徒情報はホームページにアップする。


個人名は記載できませんが、震災時校内の様子や生徒の状況等の情報をホームページ上で発信します。


※震度5弱以下で安全が確認され、公共交通機関が運行されている場合は、集団下校または、通常下校させる。また、震度4以下であれば、安全確認 後、通常の教育活動をさせる。ただし、江東区災害対策本部より、特別の指示・発令事項があれば優先されます。
 

上記の件につきましては、ご家庭でもご指導を宜しくお願い致します。
今後も何か心配な旨がございましたら、副校長までご連絡下さい。